ハイブリッド型焼結の受託実験|高周波誘導加熱・ホットプレス・誘導加熱装置のことなら株式会社第一機電

  1. HOME > 
  2. 技術情報 > 
  3. ハイブリッド型焼結の受託実験

ハイブリッド型焼結の受託実験

概要

高周波加熱とパルス通電加熱を併用して高温域まで数分で加熱させた後、サーボプレスにより緻密なプレス制御や均一な焼結が可能です。
新素材開発や既存焼結材料の応用実験また弊社独自の連続焼結など、是非ご体験頂きたく受託実験を承ります。

 

実験仕様

焼結温度 最高2100℃
雰囲気 真空または不活性ガス雰囲気
焼結寸法 φ10~50㎜
プレス圧 サーボプレスによる最大100Mpa(試料寸法によります)
加熱方式 パルス通電加熱または高周波誘導加熱の選択や併用が可能
処理能力

バッチ、連続焼結

実験例

  • 新材料のお試し実験

 

例以外のご要望も承ります。お気軽にお問い合わせください。

 

バッチ処理実験炉の紹介。

連続焼結実験炉の紹介。

 

実験への問い合わせはこちらに。

お問い合わせ

興味をお持ちの方・導入を検討している方、まずはお気軽にご連絡下さい。

042-488-3312

電話受付時間9:00~17:30

メールでのお問い合わせ

PAGE TOP