3000℃超高温加熱の受託実験|高周波誘導加熱・高周波焼き入れ・誘導加熱装置のことなら株式会社第一機電

  1. HOME > 
  2. 技術情報 > 
  3. 3000℃超高温加熱の受託実験

3000℃超高温加熱の受託実験

高周波誘導加熱電源を使用し、カーボン坩堝で不活性雰囲気中3000℃以上の加熱実験が可能です。
高周波誘導加熱により、3000℃/hの昇温レートを実現し再現性・安定性の良いパワー制御を採用しております。
また2色放射温度計により正確な温度測定が可能です。

実験仕様

加熱温度 最高3000℃
雰囲気 真空排気後、大気圧による不活性ガス雰囲気
推奨るつぼ カーボン、内径Φ50(t2)xH48mm
ホットゾーン カーボン成形断熱材
加熱方式 高周波誘導加熱
昇温レート 1~3000℃/h

実験例

  • 新素材の黒鉛化処理
  • 高融点材料の溶解実験
  • 高融点材料の再結晶化実験
  • 高融点材料の合金作成  等

 

実験例以外のご要望も承ります。お気軽にお問い合わせください。

 

実験炉の紹介。

 

実験への問い合わせはこちらに。

お問い合わせ

興味をお持ちの方・導入を検討している方、まずはお気軽にご連絡下さい。

042-488-3312

電話受付時間9:00~17:30

メールでのお問い合わせ

PAGE TOP