サーボプレス焼成炉|高周波誘導加熱・ホットプレス・誘導加熱装置のことなら株式会社第一機電

  1. HOME > 
  2. 製品案内 > 
  3. 工業炉 > 
  4. サーボプレス焼成炉

サーボプレス焼成炉

サーボプレス焼成炉

1,500℃まで数分間で加熱及び通電

最高20トンで試料を同時加圧可能

 

非鉄金属系材料関連装置

概要

制御部にRISCーCPUを搭載しフルディジタル化され、荷重値のサンプリング速度を1msecに高速化されたサーボプレス装置です。(第一電通株式会社製)
高制御精度サーボプレスに高周波誘導加熱装置を有機的に組合せシステムアップされました。

特長

  • ダイセットを数分間で高温域まで通電加熱させて、同時に最高20トンの荷重でダイセット内の試料を加圧することが可能なプレス式焼成装置です。 
  • 加圧プレス機能はサーボモーターとボールネジで構成され、加圧ロード検出しながら微細圧力を制御します。
  • タッチパネルコントローラーシステムによりパラメーター設定、圧力制御をプログラム連動で稼動させることが可能です。         

 

仕様

常用温度 1,500~2200℃
加熱方式

高周波誘導加熱/抵抗加熱(スーパータル・カーボン・タングステンメッシュ)

雰囲気 真空・不活性ガス
プレス容量 20tサーボプレス

応用例

◆ 放電プラズマ焼結(SPS)

小型ホットプレス

 

お問い合わせ

興味をお持ちの方・導入を検討している方、まずはお気軽にご連絡下さい。

042-488-3312

電話受付時間9:00~17:30

メールでのお問い合わせ

PAGE TOP